おすすめ製品

「ETルーフシステム」建築物一体型 災害用トイレ - 製品概要

「60秒で個室になる災害用トイレ」を目標に、北勢工業(株)はETルーフシステムを開発しました。

【 ETルーフシステムとは 】
災害用マンホールトイレふた(ETカバー)とトイレのドアや間仕切りとなるパネル(ETパネル)をあらかじめ設置すれば、災害時にETパネルを展開するとすぐにトイレ空間が完成する画期的なシステムです。 工具なしで組み立て可能です。
また、地上部の建築物(駐輪場や備蓄倉庫)と一体化させています。これにより、災害用トイレ設営の負担が軽減し、安全面も向上しました。
【 ETパネルとは 】
独自開発した開閉パネルセットです。アルミ積層複合板とアルミフレームでできたパネルがステンレス製の格納枠に収まっています。
※アルミ積層複合板は国土交通省 防火材料 不燃材料認定品を使用しています。

災害用マンホールトイレのトップメーカー北勢工業(株)より「平時の活用方法」と「災害時の活用方法」を両立させたETルーフシステムをご提案させて頂きます。

駐輪場 一体型タイプ

ETルーフシステム 駐輪場一体型

    平時には駐輪場としての利用を、災害時にはトイレとしての利用が可能なETルーフシステムです。トイレのドア・間仕切となるETパネルが駐輪場と一体となっています。

備蓄倉庫 一体型タイプ

ETルーフシステム 備蓄倉庫一体型

    平時には備蓄倉庫としての利用を、災害時にはトイレとして利用できるETルーフシステムです。トイレのドア・間仕切となるETパネルが備蓄倉庫と一体となっています。

壁面 取付型タイプ

ETルーフシステム 壁面取付型

    トイレのドア・間仕切となるパネルを、建築物の壁面に設置するタイプのETルーフシステムです。災害時には壁面のETパネルを展開し、トイレとしての利用が可能です。

設営方法

駐輪場から災害用トイレ設営までイメージ動画です。

ハード面の特長

  • 地上部・・・平時は頑丈な建築物です(備蓄倉庫、駐輪場など)。
  • 間仕切・・・不燃性・耐候性に優れたパネルを採用しています。
  • トイレ・・・和式、洋式、身障者タイプにも対応が可能です。

ソフト面の特長

  • 即効性・・・仮設トイレと違い運搬は不要。道路が寸断されても安心です。
  • 効率性・・・簡単なパネルの展開のみで、短時間で設営が可能です。
  • 自立性・・・電力、ガスなどの動力を必要としない自立したシステムです。
  • 作業性・・・工具を用いずにパネルの展開が可能です。
  • 汎用性・・・どなたでも設営ができる設計ですので専門知識が不要です。
  • 安全性・・・丈夫な建築物により、風雪による二次災害を予防します。
  • 防犯性・・・パネルを採用することで、防犯性を高めています。

お問い合わせ先

ETルーフシステムに関するお問い合わせは、下記窓口までご連絡ください。

名称 住所 電話番号
FAX番号
e-mailアドレス
本社 〒577-0815
東大阪市金物町2番14号
06-6723-0471
06-6723-0477
osaka@hokusei-kogyo.co.jp
関東支店 〒115-0045
東京都北区赤羽1丁目52番7号(2F)
03-3901-8201
03-3901-8179
kanto@hokusei-kogyo.co.jp
ページの先頭へ戻る